e-Tax「メール詳細(受信通知)」の謎 -小規模事業者持続化補助金- 2

e-Tax「メール詳細(受信通知)」の謎 -小規模事業者持続化補助金- 2

2021-09-17

昨日の続きです。先に1↓から読んでくださいね。

e-Tax「メール詳細(受信通知)」の謎 -小規模事業者持続化補助金- 1
あまりにも腹が立ったので、記事として残しておきます。 (初めてyStandard吹き出し機能使いました) 繁忙期に備えて、小規模事業者持続化補助金を活用して、レ…
nojamnolife.com

「メール詳細」は謎のまま、e-taxのメッセージボックスの中にあった「確定申告の受付完了」の画面(スクショしてPDF化)を提出。この画面の上部には『受信通知』という文字があります。

今朝、補助金事務局から電話がありました。

事務局の人
事務局の人

提出していただいた書類を確認したのですが、やはり『メール詳細』でないといけないので、再提出をお願いします。

JaM
JaM

『メール詳細』が何かわからないんですけど・・・。
例えば、e-taxのweb画面から確認できるものなのか、メールで届くものなのか、書面で届くものなのか、どういうものなんでしょうか?

事務局の人
事務局の人

メールで届きます

事務局の人
事務局の人

e-taxで電子申告すると、完了後に『メール詳細』というファイルが添付されたメールが届きます。
その添付ファイルを提出してください。

そのメールが届いていないようでしたら、税務署に問い合わせてください。

JaM
JaM

昨日、税務署に問い合わせたら、「補助金事務局が何のことを『メール詳細』と言っているのか分からない」と言われたんですよ・・・。

事務局の人
事務局の人

では、代わりに納税証明書を提出してください。

話が昨日からまったく前に進んでいませんが、落ち着いて・・・。

JaM
JaM

わかりました。じゃあ納税証明書を取ってきます。

事務局の人
事務局の人

原本が必要なので、原本を送ってください。

JaM
JaM

わかりました。宛先を教えてください。

事務局の人
事務局の人

PDFで良いので、PDFにしてアップロードしてください。

どっちですか???

JaM
JaM

じゃあ納税証明書を取ってきたら、すぐアップするので、早く確認してくださいね。

事務局の人
事務局の人

ステータスを差し戻しにして再申請できるようにするために2〜3日かかります。

JaM
JaM

2〜3日?そんなに時間がかかるんですか?

事務局の人
事務局の人

人手が足りなくて・・・

また、ブチ切れました。

こちらもすぐに対応するので、そちらもできるだけ早くお願いします、と念を押して電話を切りました。

これまでの経緯を商工会議所の担当者に伝えると、なぜ「確定申告の受付完了」の画面(受信通知)ではダメなのか疑問なので、商工会議所からも補助金事務局に確認してくださることに。

やはり・・・『メール詳細』でないといけない、との返事だったようです。

仕方なく納税証明書を取ってきて、PDFにして、Jグランツからアップ。
(2〜3日かかると言っていたけど、申請できるようになってました)

でも『メール詳細』の謎は解けていないので、私達も商工会議所も引き続き調べていたら・・・

謎が解けました

「e-Tax」でググった検索結果の画面です↓

入り口による違い

「受付システム ログイン」からメッセージボックスを確認すると、上部に『メール詳細』というタイトルがある。

「e-Taxソフト(WEB版)」からメッセージボックスを確認すると、上部に『受信通知」というタイトルがある。

タイトルの違いだけで、他の内容はまったく同じです。

私達は、ずっと「e-Taxソフト(WEB版)」を見ていたので『メール詳細』が見つからなかったようです。

でも、同じ内容なのに、なぜ『受信通知』では審査が通らないのかは、不思議です。

これについては引き続き、商工会議所が確認してくださると思います。

うちとしてはもう納税証明書をアップしたので、それで大丈夫なはず。

ただ、どうしても許せないのが、補助金事務局の人のこのセリフ↓

事務局の人
事務局の人

e-taxで電子申告すると、完了後に『メール詳細』というファイルが添付されたメールが届きます。
そのメールが届いていないようでしたら、税務署に問い合わせてください。

これ、でまかせですよね?????

間違ってますよね?嘘ですよね?

わからないから、適当なことを言って、ごまかそうとしていますよね。

なぜ「すみません。わからないので調べて折り返します」って言えなかったのかな?

Jグランツは「誰でも簡単に申請できる」と謳っているのに、窓口に間違った案内をされたら、こちらは無駄な時間と労力を使うだけ。

だって私達が自分で調べたら『メール詳細』が何なのか、謎が解けたんです。

この間違った案内に振り回されて、私達は「メールが届いていないと税務署に問い合わせる」「仕方ないから納税証明書を取りに行く」「謎の解明のために商工会議所の手も借りる」などの行動をとることになりました。

補助金事務局の人が、ちゃんとした案内をしてくれていたら、こんな時間を使うことはなかったはずです。

事務局の人
事務局の人

人手が足りなくて・・・

って言ってましたが、こんないい加減な対応をしているから、問い合わせも増える。

自分たちで自分たちの首を締めているように思います。

適当にごまかして早く電話を終わらせよう、ではなく、きちんと対応してほしい。

『小規模事業者持続化補助金』という言葉の意味をよく考えて、その窓口にいるという自覚を持って、仕事と向き合ってほしいです。